アーカイブ

postheadericon バランス調整

調査中

取引先と有利に交渉するために、また事業の展開によっては必要となる借り入れを行う際にも、その融資額を十分に確保することかできるように、日頃から信用調査や倒産予測に対しての与信管理を行っておく必要があるのです。
これは、金融機関からの借り入れとその返済の実績か評価対象ともなるために、日頃から地元の金融機関と密接に関わりを持っておくことが大切となります。

また、取引先との取引額を上げて売上の増加を図る一方で、その取引先の信用調査と倒産予測を定期的に行っておき、もし債権回収にリスクか伴うようになれば、その取引の限度額を引き下げることも必要となります。
その売上の最大化とリスクの最小化のバランスを上手く取ることが大切なこととなります。

postheadericon 企業与信の活用

打合せ

企業与信は金融機関が信用調査をしたり倒産予測をしたりするのみに使われるわけではなく、多くの企業において日常的に活用できるものです。
通常販売などを企業間で行う場合には、その支払いは後日改めてというケースがほとんどです。
そしてその取引先が万が一倒産でもすれば、その代金回収は難しくなります。
いわゆる不良債権を抱えることになるのです。
そこで定期的に、取引先の経営状況を把握するために、企業与信を利用して信用調査を行ったり倒産予測をしたりします。

この企業与信は複数の調査機関で評価付けを行っているので、複数の調査機関から取り寄せて検討することが求められます。
また、自社の企業与信も高く維持する必要があります。

postheadericon 企業与信の管理とは

調査

企業与信とは、信用調査や倒産予測の参考となるものになりますが、その調査は様々な機関で行われています。
そして自社の企業与信を高めるための与信管理を行うためにも、取引先の企業与信を定期的に行うことは必要です。
企業は売り上げと利益を高めることが目的でもあります。
ところが、取引先の取引額が増大するということは、その代金の回収は通常後ほどになるため、取引先の業績悪化に伴いその代金回収が難しくなる場合があります。
つまり焦げ付きの発生です。
これは自社の経営にも影響を与えるとともに、企業与信にも影響してきます。
金融機関に借り入れを申し込んでも融資が下りなくなる可能性が出るのです。
そこで、定期的に取引先の経営状態を把握するために信用調査や倒産予測を常に行っておくことが必要となるのです。
もちろん、自社も取引先から同じように企業与信を通して信用調査や倒産予測をされていることを意識している必要があります。

このように信用調査や倒産予測を行い、取引先に応じて取引額の限度額を適切に設定することによって、与信管理と債権回収の最適化を図り、売り上げの増大を目指すことになります。
与信管理とは単に、不良債権の発生を防ぐことだけが目的ではないことかわかります。
適切なリスク管理を行うことで取引額をコントロールするということが目的と言えます。
そしてその指針として、複数の調査機関による企業与信を参考にすることが効果的とも言えます。

カテゴリー
カレンダー
2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930